2021年の資産運営としても注目株は仮想通貨であり、芸能人が資産運営に利用をしているなどのニュースを知ると、一般人にとっても気にならないはずはありません。
副業を考えている人にとっても、芸能人がやっているならという、不透明ではありつつも安心感を持ち始めます。
しかし何となく危険な印象を持つこともあるのも仮想通貨であり、仮想通貨関連での事件などがニュースで流れると一歩をなかなか踏み出せません。
ある取引所で、顧客保有の大きな金額が損失をした事件もありました。これが大きな発端となり、仮想通貨は危険だという印象を、ニュースを見た人は持った可能性も高いです。しかしこうした大きなニュースになった事件は、まだ世の中にさほど仮想通貨が浸透をしていなかった時期であり、法律としても特に決められてはいませんでした。トラブルが起きたことをきっかけに、仮想通貨を安心して使うために、法律が規制をされることとになり今に至っています。

規制や監査が金融庁により行われるようになりましたので、副業目的で2021年から始めたいという人も、かなり安全性が高い環境でスタートを切ることができます。アンヘルシーなものではなく、現在の仮想通貨は健全なものです。
時代は仮想通貨を受け入れていますし、利用をしたいと考える人は増加傾向にあります。そのためあらゆるサービスや店舗でも、今では仮想通貨を使えるところは多くなってきています。それは日本国内だけではなく、広い世界へと目を向けてもそうです。小さな島国である日本だけではなく、世界のあらゆる企業が、これからニーズが増えるであろう、仮想通貨に注目をしていることになります。

インターネット上での取引であることから、セキュリティ面を意識しないわけにはいきません。優れたブロックチェーン技術が関わっているのが、安全に仮想通過を使える要素です。ブロックチェーン上には、世界全ての国や人の行われた取引が、漏れることなく記録をされます。
確認はネット上ですることができますし、最大の特徴ともいえるのは簡単には改ざんできないシステムということです。

もしも大規模な停電が起きたらどうなるのか、自然災害時なども含めて、1ヵ所のデータが無くなってしまっても、すべてがダメになるというわけではありません。全体的なシステムは、異なったコンピューターが正常に動くのであれば、問題なく稼働をすることができるためです。
障害をたった1つの箇所に受けたからといって、全体がストップをするようなリスクはありません。