今回は、個人輸入ビジネスの副業で稼げない人の特徴や、どうすれば稼げるようになるのかについて解説していきたいと思います。

まず、1つ目のコツからです。
それは、「勉強する」ということです。
個人輸入ビジネスは、勉強する必要性が高いビジネスモデルです。
それは、英語の勉強に限らず、一体どんな物が日本で求められているのか?ということを考え、知っていく必要があります。

これは、転売にも共通することですが、特に輸入ビジネスでは必要なことになります。
また、自己流でやっていると、結果はほぼ出ないと思って良いと思います。
コンサルや本、情報商材などを利用して、必ず「誰かの情報」を参考にしながらやっていくと成果が出やすいと思います。
これもまた「勉強」の一つです。

2つ目のコツは、「一つの国に集中する」ということです。
・アメリカ
・中国
・ヨーロッパ
など、様々な国に同時に手を出すことはおすすめしません。複数の国に手を出すと、それぞれ文化も考え方も違いますから、結局何の知識も経験も得られないことになりかねません。
なので、輸入ビジネスをする際は、「一つの国」に特化するようにしましょう。
中国輸入ビジネスをするなら中国に。
アメリカにするならアメリカにしましょう。
ただし、ヨーロッパのようにそれぞれ似た特徴がある場合は複数の国でも良いと思います。

3つ目のコツ、「文化や考え方を知る」という事です。
先程、「一つの国に集中する」ということを説明しました。
それと通ずるところがありますが、その国の文化や考え方についての知見を広げる必要があります。
その国の言語を知っている必要はありませんが、ニュースや本などを通して、知識を深めていきましょう。
出来れば、歴史まで知っているとなお良いと思います。

4つ目のコツは、「自分の頭で考える」という事です。
輸入ビジネスは、一般的なせどりに比べると、情報量が少なめです。
なので、先程「勉強することが大切」と言いましたが、勉強出来るものがそもそも少ないという特徴があります。
つまり、自分自身で答えを見つけていく場面がたくさんあるということです。
なので、既存の答えだけにとらわれるのではなく、文化や歴史や法律を知った上で、その国に対する知見を広げ、自分の頭できちんと考えていく必要があります。

少し複雑な事が多いように見えるかもしれませんが、輸入ビジネスは間違いなく大きく稼ぐチャンスのあるビジネスです。
皆さんも、これらのコツを使って稼げるようになったら嬉しいです。